コンシーラーは肌の悩み別によって種類がある?コンシーラーの上手な使い方。選び方。

毎日のメイクでコンシーラーって使いますか??

コンシーラーっていろんな色や形状がありますよね。

どのコンシーラーを使ってもニキビやクマをキレイに隠せるわけではありません。

コンシーラーの使い方の順番によってはメイクが浮いてしまったり、コンシーラーによって逆にクマやニキビが目立ってしまうこともあります。

自分の肌の悩みを隠すのに適したコンシーラーの選び方を説明したいと思います!!

コンシーラーとは

ファンデーションだけでは隠し切れない肌のトラブル、シミ・そばかす・ニキビ・ニキビ跡・赤みなど部分的に気になる個所をカバーしてくれるメイクアイテムです。

誰もが抱えている肌にある隠したい部分をピンポイントでカバーし、肌色を均一に見せることができます。

また小鼻の影を整えたり唇の輪郭のラインを整えたり、隠すだけではなくて気になるパーツを補正してくれる万能メイクアイテムです。

コンシーラーの種類

  • ペンシルタイプ
    ピンポイントの細かい部分に使いやすいのが特徴です。

    油分が少ないので広い面積に使うのは不向き。

    小さいしみ・そばかす・唇の輪郭補正などをピンポイントにカバーしてくれる役割をもっています。

  • スティックタイプ
    スティックタイプのコンシーラーは、油分が少なく、固い質感でピタっと肌に密着するのが特徴です。

    カバー力が高いのでシミ・ニキビなどをピンポイントで隠すことができます。

    固形なので伸びは悪く、多少の厚みが出てしまうのが利点です。

  • クリームタイプ
    柔らかいクリーム状のコンシーラーで、油分が多くツヤ感がでるものが多いです。

    伸びがいいのでシミやクマを隠すのに適しています。

    色味によってハイライトやシェーディングとしても使うことができます。

  • リキッドタイプ
    とろりとした液状のコンシーラーで形状は様々なものがあります。

    目元や口元に最適。なめらかに伸びるテクスチャーなので広い面積でまんべんなくカバーできるので広範囲にコンシーラーを使いたい方におすすめです。

    柔らかく伸びるぶんカバー力はそこまでありません。

コンシーラーの選び方

  • ニキビ・ニキビ跡を隠すには。
    赤みが薄いニキビ、茶色っぽくなったニキビ跡にはイエロー系やベージュ系。

    赤みが強ければグリーン系のコンシーラーがおすすめです。

    今できているニキビにはニキビの悪化を避けるために油分が少ないスティックタイプがおすすめです。

    色素沈着してしまったニキビ跡にはスティックタイプやクリームタイプのコンシーラーがおすすめです。

  • クマを隠すには
    青クマにはオレンジやピンク系のコンシーラーを。

    黒クマにはクマの色より明るいものを選び、パール配合のものを選びましょう。

    茶クマにはイエローやオレンジ、ベージュ系のコンシーラーを。

    目元の皮膚は薄くよく動く部分なので厚塗りになりにくいリキッドタイプのコンシーラーがおすすめです。スティックタイプを使う場合はコンシーラーブラシを使いましょう。

  • シミ・そばかすを隠すには
    明るすぎる色を選んでしまうとシミやそばかすは逆に目立ってしまいます。

    ファンデーションより少し暗い色がおすすめです。

    目尻はよれやすいので、テクスチャーのゆるいものをおすすめしますが、頬などであれば、カバー力の高いスティックタイプのコンシーラーをおすすめします。

    シミ・そばかすの範囲が広い場合は、クリームタイプのコンシーラーもいいです。

  • 小鼻の赤みを隠すには
    赤みが薄いならイエロー、ベージュ系のコンシーラーを。

    赤みが強ければグリーン系のコンシーラーを。

    鼻は皮脂が出やすいので厚塗りはせず、柔らかいものを使いましょう。

    筆ペンの形をしたコンシーラーなら小鼻のくぼみにしっかりフィットしてくれます。

コンシーラーを使うメイクの順番

ファンデーションの種類によってコンシーラーを塗る順番は違います。

塗る順番を間違えるとムラになったり、肌の悩みをしっかりと隠すことができません。

  • リキッドファンデーション
    ①リキッドファンデーション

    ②コンシーラー

    ③フェイスパウダー

  • パウダーファンデーション
    ①コンシーラー

    ②パウダーファンデーション

    ③フェイスパウダー

コンシーラーはパウダー状のものの前に使いましょう。

まとめ

コンシーラーを選ぶ時の基準は肌の悩みによって色味を選ぶ」ことです。

ただベージュの物を部分的に塗りたくってしまうだけではしっかりと隠せないんですね。

顔の部分によってコンシーラーの種類を変えると上手に使いこなせるし、メイクよれも防ぐことができます。

使いこなせるととても便利なメイクアイテムなので、コンシーラーを使いこなして肌の悩みを見せない美肌になりましょう!

コンシーラーでの悩み解決、コンシーラー選びの参考になれば嬉しいです。