コントロールカラーとコンシーラーって違うの?コントロールカラーの役割と正しい選び方でよりキレイな肌に。

コントロールカラーって何??

化粧下地なの?

コンシーラーなの??

コントロールカラーが何なのか、どんな役割があるのか、正しい使い方がわからない方は多いんじゃないでしょうか。

まず最初にコントロールカラーとは顔の色を整えて魅せることで肌の悩みをカバーしてくれるメイクアイテムです。

コンシーラーとの違いは、ざっくり言うと。

コントロールカラーは「化粧下地寄り」。

コンシーラーは「ファンデーション寄り」。

というかんじでしょうか。

コントロールカラーの役割

コントロールカラーの役割は肌色以外の色で肌の色をキレイに見せるメイクアイテムです。

  • 肌の赤みがメイクをしても隠れない。
  • シミやそばかす、クマやニキビ跡が気になる。
  • メイクをしていても顔色が悪いと言われる。
  • 肌の悩みを色々隠していたら厚化粧になってしまった。

こういった肌の悩みを解決してくれます。

コンシーラーと違い、薄付きで厚塗りにならないのでメイクが苦手な方でも使いやすく、透明感のある肌に魅せてくれます。

最近のコントロールカラーは化粧下地と一緒にもなっているので1本で2つの役目もしてくれるので便利です。

コントロールカラーの色の選び方

コントロールカラーはさまざまな色があります。

f:id:kitadayuka:20180409153104p:plain

コントロールからを選ぶうえで一番大切なことは、自分の肌悩みに合った色をを選ぶことです。

コントロールカラーは色によってカバーしてくれる役割がそれぞれ違います。

悩みに合ってない色を使ってしまうと顔色が悪く見えたり、くすんで見えたりいてしまいます。

それぞれの色によっての役割を紹介します。

  • イエロー
    イエローは肌のくすみや色むらが気になる方にピッタリです。

    どれを選ぶか悩んだ時には、日本人の肌にはこの色が馴染みやすいのでイエローを選ぶのが良いす。

    肌が黄色よりにくすんだ方、シミ・そばかす・クマが気になる方におすすめします。

    また、小鼻の赤みを抑えることにも適しています。

  • ピンク
    ピンクは血行の良い健康的な肌に見せてくれます。

    色白で血色がない方、肌が青白い方、肌に血の気のない方など顔色が悪く見られる方におすすめです。

    あまり肌の色が明るくない方が使うと腫れぼったくみえることもあるので注意してください。

    また、小鼻が赤い方はそこを避けて使ってください。

  • グリーン
    グリーンは赤ら顔、ニキビ跡をカバーしてくれます。

    頬が赤くてチークを塗っても発色が良くない方、もともと赤ら顔の方、ニキビ跡が気になる方、小鼻が赤い方におすすめします。

    ※グリーンは部分使い用なので顔全体に塗らないでください。顔全体に塗ってしまうと、白浮きして違和感のある肌になってしまいます。

    部分使いが難しい方は『イエロー』を使うのをおすすめします。

  • オレンジ
    オレンジはクマや茶色いくすみをカバーしてくれます。

    肌がブルーベースの方、クマが目立つ方、肌のくすみがひどい方、茶色くくすみがちな方におすすめです。

    こちらも部分使いをおすすめします。

  • ブルー
    ブルーは肌に透明感を出して、陶器肌にしてくれます。

    肌が黄色くくすんでいる方や黄色っぽい方におすすめです。

    色白の方や血行の悪い方はさらに顔色が悪く見えてしまうのでおすすめしません。

    全体使いもできるのですが、白くなりやすいので厚塗りにならないように気を付けてください。

  • パープル
    パープルは、ブルーのくすみを改善する効果とピンクの血色感を出す効果が一つになっています。

    これ1本もっていれば便利なカラーです。

    また透き通った透明感を出してくれるので華やかでエレガントな肌にみせてくれます。

あなたに合ったカラーは見つかりましたか?

自分にあったカラーを見つけて、よりキレイなワンランクアップのベースメイクになってください♪

このブログが参考になれば嬉しいです。

コスメ

Posted by BeautyLuv