髪の毛が傷む原因と対処法。

髪の毛は女性の命。

と言われるほど女性にとって髪の毛は大切です。

男性は女性を見る時、どこを見ていると思いますか?

顔やスタイルはもちろんなんですが髪の毛を見ている方も多いんだそうです。

どれだけ美人でも髪がパサパサのチリチリだったら、清潔感があまりないように見えてしまいますよね…

どれだけオシャレに着飾っても、どれだけキレイにメイクをしても髪がキレイじゃないと魅力は半減してしまいます。

女性の魅力にはキレイな髪の毛は欠かせません。

髪の毛が傷む原因と対処法を知って、痛みを最小限に抑えて美髪を手に入れましょう。

髪の毛が傷む原因とその対処法

髪の毛が傷む原因はいくつかあります。

キレイな髪の毛を手に入れるには、まず原因を知っておくことが大切です。

摩擦によるダメージ

キューティクルは鱗状になっているので、シャンプー、タオルドライ、ブラッシングによる摩擦によってキューティクルが剥がれてしまいます。

またブラッシングで絡まった髪を無理やりとかすと、切れ毛や枝毛の原因になります。

ブラッシングの素材によっては静電気により摩擦を起こし、髪が傷む原因になります。

対処法

シャンプーの泡は汚れを落とすだけでなく、摩擦を防ぐクッションの役割もしてくれるので、よく泡立てるようにしましょう。

タオルドライもゴシゴシ拭かずに、髪が長ければタオルで髪を包んで軽く叩くようにしましょう。

ブラッシングは無理やりとかさずに毛先からとかします。

パーマ、ヘアカラーによるダメージ

パーマやヘアカラーは髪に大きなダメージを与えてしまいます。

パーマはキューティクルを剥がして髪内部の分子結合を切断して再度作りたい形状に結合させます。

ヘアカラーはキューティクルを開いて髪に色を入れます。

キューティクルを開いたり、剥がしたりすることによって髪がパサつき、切れ毛や枝毛になり傷んでしまいます。

対処法

パーマやヘアカラーは髪に大きなダメージを与えます。

そのためアフターケアは大切です。

パーマやヘアカラーを行った後は必ずトリートメントをしてください。

美容室でのトリートメントは定期的にしてもらいましょう。

熱によるダメージ

髪はタンパク質でできているため、熱によるダメージはとても受けやすいです。

ドライヤー、ヘアアイロン、コテなどの高温の熱はキューティクルが剥がれやすくなります。

120℃の熱で髪の水分を奪い、150℃で髪の変形を起こし、髪が茶色に変色してしまいます。250℃ではキューティクルが溶けてしまうのです。

ドライヤーの熱でも、長時間髪の近くで熱を与えると傷んでしまいます。

対処法

ブローをする時はドライヤーを髪に近づけすぎないように、また同じ場所に当てすぎないようにしましょう。

ヘアアイロンやコテを使う時は設定温度を低くしたり、長時間の使用を避けるようにして下さい。

自然乾燥によるダメージ

ドライヤーの熱で髪の毛が傷むと思い自然乾燥をすると髪は傷んでしまいます。

実は自然乾燥をするほうがドライヤーを使うよりも髪へのダメージが大きくなります。

キューティクルは濡れたり温めたりすると開いてしまう性質をもっています。

髪が濡れたままだと非常にダメージを受けやすい状態になります。

また髪が濡れたまま寝てしまうと、枕との摩擦でキューティクが剥がれてしまい髪が傷んでしまいます。

対処法

自然乾燥は絶対に避けてください。

入浴後は早めに乾かすことを心がけて下さい

乾燥にるダメージ

乾燥すると髪の内部から水分が奪われて、髪が広がったりゴワついたりします。

そうすると摩擦が生まれ、静電気が発生します。

静電気が発生すると髪が絡まりやすくなり、傷む原因になります。

対処法

髪の乾燥が気になるとき、広がったりゴワついたりしているときは洗い流さないトリートメントの使用をおすすめします。

紫外線によるダメージ

肌が日焼けをするように、髪も紫外線によって日焼けをします。

紫外線を浴びた髪はツヤがなく、パサパサでチリチリになります。

対処法

夏以外でも紫外線によるダメージは受けます。

外出時は帽子を被るなど、髪用のUVスプレーで紫外線対策をするのもおすすめです。

食生活によるダメージ

栄養がなくては髪も成長はしません。

無理なダイエットや偏った食生活では髪に十分な栄養は行きわたりません。

高カロリー、高脂肪の物を取りすぎると頭皮の毛細血管が詰まって栄養が届かないとも言われています。

そうすると髪はパサパサになりツヤがなくなります。

対処法

髪の毛はタンパク質でできているのでアミノ酸を含んだタンパク質をとるなど、栄養のバランスの取れた食生活を心がけましょう。

寝不足によるダメージ

寝不足になると血行不良になります。

髪への栄養は血管を通って届いているので、その通りが悪くなると髪に栄養が届かなくなってしまいます。

まとめ

髪の毛が傷む原因と対処法をまとめてみました。

髪の毛は傷んでしまうと改善するためには長い時間がかかってしまします。

そのため日頃のケアや生活習慣を見直すことはとても大切です。

髪の毛が改善してくるのは最低2カ月程度かかるのですが、上記の対策法を実践して焦らずに少しずつ改善していって下さいね。

美髪になるには髪が傷む原因を知っておくことが大切だと思うので、ただヘアケア用品を使うだけではなく自分の髪が傷んでしまった原因を知って改善してほしいと思います。みなさんの髪が美髪になるために参考になれば嬉しいです。

ヘアー

Posted by BeautyLuv