唇が荒れる原因とケア法。

唇が荒れやすいのは乾燥した時期だけではありません。

オシャレ女子なら唇までキレイにメイクをしますよね?

ですがガサガサの唇だと口紅を塗ると皮がめくれてしまったり、ひび割れてしまったりで、せっかくのメイクが台無しになってしまいます。

肌荒れはメイクで隠せますが、唇の荒れはメイクでは隠せません。

唇が荒れてしまう前に予防することが大切です。

そこで今回は、唇が荒れる原因とそのケア方法をご紹介します。

唇が荒れる原因を知って、予防してください。

唇が荒れる原因

唇の角質層はかなり薄くとてもデリケートな部分です。

また、皮膚とは違い脂質線や汗腺がなく、潤いを保ちにくく水分が不足してカサカサになりやすいです。

そのため、唇が荒れる一番の原因は乾燥と言われています。

ですが唇が荒れる原因はそれだけではありません。

乾燥を含め普段無意識にしている習慣。

唇が荒れる原因をご紹介します。

空気の乾燥

唇の角質層は非常に薄いため、水分が蒸発しやすい部分であります。

冬など湿度が低く、空気が乾燥しいている時期や暖房器具によって乾燥した室内は、唇の水分が奪われ荒れやすくなります。

唇を舐めるクセ

唇を舐めると、唾液が蒸発するときに一緒に唇の水分までも奪ってしまうので、より乾燥してしまいます。

酷くなると乾燥だけでなく、唇がひび割れたり、赤くなってしまいます。

水分不足

体内の水分が不足すると、唇は真っ先に乾くと言われています。

唇は体内の水分不足を教えてくれるサインでもあるので、唇が乾燥する前に水分補給をしましょう。

口呼吸

口呼吸は呼吸をするたびに唇が空気に触れる状態なので、唇が乾燥しやすくなります。

呼吸をする際は鼻呼吸を意識しましょう。

唇に付いた汚れ

唇に付いた汚れやメイクの落とし残りは時間がたつと刺激になり唇が荒れる原因になります。

また、香辛料などを使った刺激の強い食べ物が唇に付着したままになると、皮膚への負担となり唇の荒れに繋がります。

食生活の乱れ・ビタミン不足

食生活の乱れや、胃が荒れていると皮膚の薄い唇はすぐにその影響を受けてしまい、荒れやすくなってしまいます。

コラーゲンのもとになるタンパク質やビタミン類を食事に積極的に取り入れましょう。

体調の乱れ

唇は体調によっても荒れやすくなることがあります。

皮脂腺のない乾燥のしやすい唇はとてもデリケートな部分で、体調の変化による影響が表れやすい部分になります。

以上が唇が荒れる原因です。

当てはまってしまうものがあったのではないでしょうか?

次に荒れてしまった唇のケア方法をご紹介します。

荒れた唇のケア方法

唇の荒れには保湿をして唇に潤いを与えケアをしてあげましょう。

また、荒れる前にも毎日のケアが大切です。

ケア方法はたくさんありますが、毎日のケアにはリップパックをおすすめします。

リップパックは唇に潤いを与えてあげるのにとても効果的です。

自宅で簡単にできるので試してみて下さい。

用意するのは。

・ワセリン

・食品用ラップ

・ホットタオル

以上の3つです。

ホットタオルの作り方

  1. タオルをぬるま湯で濡らして固く絞る。
  2. タオルをくるくる丸める。
  3. ラップでくるむ。
  4. 電子レンジで1分加熱。

※濡らしたタオルを固く絞らないとタオルに水分が多く残りうまくホットタオルができません。

ではリップパックのやり方です。

リップパックのやり方

  1. ホットタオルを唇にあて、1分程度温めます。
  2. 温まった唇の上にワセリンを厚く塗ります。
    この時オーバーリップめに塗るのをおすすめします。
  3. 唇全体をかぶせる大きさのラップを唇に貼ります。
  4. 5分程度置いたら剥がして終了です。

※ホットタオルを使用することでより効果的です。

唇の荒れが気になる方は10分程度置くといいでしょう。

他にも唇の状況にあったリップケア方法があります。

☆ガサガサにひび割れてしまった唇のケア方法。

☆唇の皮がむけてしまった方のケア方法。

まとめ

唇が荒れる原因とケア方法。

参考になりましたでしょうか?

普段何気なくしている習慣やクセが唇の荒れる原因ではなかったですか?

少しの意識が唇の荒れを防いでくれます。

また、毎日のケアをすることによって荒れた唇のケアや荒れないための予防にもなります。

たったの5分でできるケア方法なので、毎日のスキンケアに取り入れてみて下さいね。

乾燥知らずのプルプル唇を手に入れて、毎日のメイクをもっと楽しんでくださいね♪