巻き爪の原因とセルフケア

女性の足の爪のトラブルで巻き爪に悩まされる方はとても多いです。

巻き爪になると傷みだけでなく姿勢や歩き方までもが悪くなってしまい、腰やひざの痛みの原因となり高齢者の方なら転倒に繋がる危険もあります。

巻き爪の方は爪がくい込んで痛みに悩ませれ、ついつい爪を切りすぎて深爪にしがちではありませんか?

実はその対処法は間違っています。

また巻き爪は症状が軽いと痛みを感じないため、放置しておくと知らない間にどんどん爪がくい込んでいき激しい痛みに襲われることもあります。

痛みが出てからの治療はとても大変なので、巻き爪の症状が出たらすぐに治療しなくてはいけません。

巻き爪にならないためにも、今回は巻き爪の原因とその予防をご紹介します。

巻き爪とは

巻き爪とは爪の両端が内側に入り込んだ状態のことです。

巻き爪になるのは負担のかかりやすい親指であることが多いのですが、他の指も巻き爪になることがあります。

症状が酷いと皮膚が化膿してしまい激しい痛みが起こります。

巻き爪の原因

巻き爪になる原因はいくつかあります。

サイズの合わない靴を履いている

小さな靴や足先の細くなった靴を履くと爪や指先が圧迫され、巻き爪の原因になってしまいます。

また大きすぎるサイズの靴を履くと、靴の中で脚が必要以上に動き指が靴に当たってしまい、巻き爪を引き起こす原因になってしまいます。

ヒールの高い靴を履いている

ハイヒールは体重が指先に集中してかかってしまいます。

そのため爪を圧迫してしまい、巻き爪の原因となってしまいます。

歩き方や立ち方

足にフィットした靴を履いていても、つま先に重心のかかるような歩き方やつま先に体重のかけた立ち方をしていると巻き爪になりやすくなります。

片足に体重をかけて立つクセがある方は要注意です。

片足で立つ時、両脚で立っている時よりも普段よりもつま先に体重がかかってしまいます。 

深爪

巻き爪の方は爪が指にくい込んで痛くて爪を短く切り、深爪になっていませんか?

深爪にしてしまうのは逆効果で、爪を切りすぎてしまうと皮膚が盛り上がり、爪の縁がくい込んでしまいます。

また爪が成長するにつれ、くい込んだままの状態で伸びてきてしまい巻き爪を悪化させてしまいます。

激しい運動

指や爪に激しい負荷を与えると、爪の側面や周辺の肉の部分に炎症を起こしてしまうことがあります。

炎症を起こし皮膚が盛り上がると、両端から爪が圧迫され巻き爪へとなります。

巻き爪のセルフケア

巻き爪の症状が軽い場合はセルフケアが可能です。

その方法はいくつかあるのでご紹介します。

コットンパッキング

急な痛みの応急処置として使われるのがコットンパッキングです。

これは爪と肉の間に小さく丸めたコットンをピンセットで詰めていく方法です。

入浴後などの爪が柔らかくなっている時に行う事をおすすめします。

※この方法は一時的に痛みを緩和させるためであり、爪を矯正するものではありません。

あくまでも応急処置として行ってください。

テーピング

軽度の巻き爪はテーピングを使って矯正します。

この方法は、病院で治療する時にも行われています。

①市販のテープを指に貼り、爪から離すように指先からつけ根に向かって引っ張りながらテープを固定します。

②再度テープを指に貼り、爪の横から指裏に向かって引っ張りテープを固定します。

※テーピングにより爪と肉が離れてるかを確認しましょう。

爪の整え方

足の爪は切りすぎないことが肝心です。

爪の長さは指先と同じか1㎜ほど長い状態がベストです。

爪の先は平らでまっすぐな形に切り、角を少し整える程度にしましょう。

爪が指先に沿ったラウンドカットはしないでください。

先端をまっすぐに切ったスクエアカットが理想的です。

まとめ

以上の巻き爪の原因とセルフケア方法を見ていただいて参考になりましたでしょうか?

巻き爪は軽度の物ならセルフケアで矯正することができますが、重度のものとなるとセルフケアでは難しく、治療はとても大変です。

巻き爪にならないため、悪化しないためにも原因を見直していただいて予防・ケアをしてください。

また巻き爪をしている箇所が化膿していたり、激痛や出血がある場合はセルフケアはせずに病院で診てもらってください。

普段あまり見ることのない足の爪をこれを機会にしっかりとチェックしてみて下さね。

ネイル

Posted by BeautyLuv