ディズニーランド・シーは唇が荒れやすい。

最近ディズニーランド・シーに行ってきたんですが、唇がとても乾燥してリップクリームを買ったほどです。

なぜディズニーランド・シーに行って唇が荒れてしまったのか?

これについて考えてみました。

ディズニーランド・シーに行って唇が荒れた理由

答えは一つ。

乾燥でした。

空気が乾燥していたという事もあったのですが、唇が乾燥する原因はそれだけではありませんでした。

ではなぜ唇が荒れてしまったのか。

思い返してみると原因はいくつかありました。

アトラクションによっての乾燥

激しいアトラクションに乗ると顔に風を受けますよね。

風が当たると唇は乾燥してしまいます。

また口を開けて叫んでいると唇は乾燥してしまいます。

そして口を開けて叫んでいるとよだれが垂れてきそうになり、上下の唇を合わせてギュッとしてしまい唇を舐めてしまいます。

唇に唾液がつくことによりまた荒れやすくなってしまいます。

パーク内での食べ歩き

レストランではおしぼりが出てきますが、食べ歩きだと口に付いた汚れをペロッとしてしまいますよね。

これも原因の一つですね…

あとポップコーン。

かわいい入れ物に入れてぶら下げているので常に食べてしまっていました。

口の中が乾く事によって唇も乾燥してしまっていたんですね。

待ち時間

建物の中にはドリンク類は持って入れません。

また建物の中は暖房によってとても乾燥していました。

空気の乾燥&水分不足によって唇は乾燥しまくりでした。

とにかく楽しすぎて

ディズニーランド・シーにいる間は楽しすぎてほとんど会話をしていました。

ずっと話していたので唇が乾燥してしまっていたんですね。

そしてポップコーンは食べまくっているのに不思議と喉が渇いていても、飲み物を飲む回数は少なかったと思います。

ホテルの乾燥

暖房を付けていたので温度が上がり、湿度が下がっていたのでとても乾燥していました。

楽しかったので乾燥なんてそっちのけでおしゃべりしていました…。

以上の事が原因で唇が荒れてしまったのですね。

2日目の朝。

唇がひび割れていてすぐにリップクリームを買いに行きました。

ディズニーランド・シーに限らずこういったテーマパークに行くと唇が荒れてしまう方は私だけではないと思います。

次からは必ずリップクリームを持って行って、水分補給もまめに行おうと思います。

みなさんも気を付けてくださいね。