アボカドの種茶でダイエット。なぜアボカドの種にダイエット効果があるのか。

前回アボカドの種茶ダイエットについて書きましたが、そもそもなぜアボカドの種にはダイエットの効果があるのか。

今回はこれについて解説したいと思います。

アボカドの種にはなぜダイエット効果があるのか

f:id:crgcrm:20180512115438j:plain

普通はアボカドの中身は食べて種は捨てちゃいますよね?

捨てるなんてもったいない!!

実はなんと、「アボカドの種」にはダイエットに役立つ成分がたくさん入っています。

「アボカドの種」これこそが楽痩せ食材そのものなんです。

アボカドの種の成分

アボカドの種には美容と健康には欠かせない栄養素がたくさん入っています。

ではアボカドの種にはどのような栄養素が入っているのか、そしてその栄養素にはどのような効果があるのかを解説していきたいと思います。

水溶性食物繊維

アボカドに含まれている水溶性食物繊維は自然界の食品の中でもトップクラスと言われています。

そもそも「食物繊維」とは腸内環境を整えてくれて、お腹をスッキリ快調にしてくれる効果がある、ダイエットには欠かせない存在です。

その食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類があり、その中でもダイエット効果が高いのは「水溶性食物繊維」です。

水溶性食物繊維は胃の中でゼリー状に変化して糖分を包み込み、腸で脂肪を吸着して、便と一緒に排出してくれます。

カリウム

アボカドはカリウムがとても豊富な果物です。

カリウムはナトリウムの排出をサポートしてくれる大切な成分です。

ナトリウムとは、体内に水分をため込む働きをする栄養素で、ナトリウムが過剰になると体がむくんだりだるくなったりしてしまいます。

アボカドに入っているカリウムを取ることにより、むくみやだるさが解消されて、むくみのない体へのサポートをしてくれます。

また、筋肉の動きをサポートしてくれる働きもあります。

マグネシウム

マグネシウムが不足すると、骨粗しょう症の原因になってしまいます。

アボカドにはマグネシウムがたくさん入っています。

食物繊維とマグネシウムは現代人に不足しがちな栄養素としてあげられています。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は体には必要な油分であり、コレステロールを下げたり血液をさらさらにしたりする働きがあります。

腸の動きをスムーズにする効果があり、食物繊維と合わせると体に必要でないものをどんどん出してくれる働きをします。

まとめ

参考になりましたでしょうか?

アボカドの種にはダイエットには欠かせない成分がたっぷり入っていましたね。

体に必要のない物をどんどん排出してくれることにより、引き締まったボディラインへのサポートをしてくれるんですね。

アボカドの種を食べることはできないので、種茶として摂取してみて下さいね。

アボカド種茶の作り方はこちら。