シミができる原因。原因を知ってシミのないお肌になろう♪

シミとは、皮フ内で作られるメラニンと言う色素が沈着したものです。

一度できたシミは消すことができません。

レーザー治療をすれば一発で消えますがそれも永遠ではありません。

シミができる原因を知っておくことで、シミのないお肌を保つことができます。

では、シミができる原因とは何なのか。

これについてご解説していきたいと思います。

シミができるまで

シミができる主な原因は紫外線。

長年紫外線を浴びていることで肌がダメージを受けシミができる原因になってしまいます。

ではどのようなメカニズムでシミはできてしまうのか…

シミの原因『メラニン』

細胞の中にある核。

これに紫外線が当たると、核の中にあるDNAが破壊され皮膚ガンを引き起こしたり、その細胞が死滅してしまったりします。

それを防ぐため、表皮の一番下の層に位置する『メラノサイト』は、メラニン色素を生み出し黒化させ、それを周囲の細胞に供給することでフタのような役割をし、核に紫外線が届かないようにブロックするのです。

いわばメラニンは核を紫外線から守ってくれているのですね。

メラニンがシミになるまで

身体を守るために作られるメラニン色素。

本来は表皮のターンオーバーによって、角質とともに垢として排出されます。

しかし紫外線によりメラノサイトが過剰反応されてしまうと、過剰にメラニンが作られてしまいます。

メラニンが過剰に作られると排出しきれず、体の中に残ってしまいます。

こうして体に残った黒化されたメラニンがシミと言われます。

まとめ

シミがでできる原因は紫外線だとわかっていても、なぜ紫外線でシミになるのかは知らなかった方は少なくはなかったのではないでしょうか?

お肌の大敵『紫外線』。

過剰にメラニンが作られないように、UVケアは欠かせないですね。

防止や日傘をさしていても紫外線はアスファルトの照り返しなどで浴びてしまいます。

紫外線は天候や季節は関係なく降り注いでいるので、一年中気を付ける必要があります。

日焼け止めクリーム、帽子、日傘。

紫外線対策はしっかりと行ってくださいね♪