トリートメントは使い方で効果が変わる。正しいトリートメントのやり方。

みなさんはトリートメントをどのように使っていますか?

トリートメントはやり方一つでその効果を高めることができます。

そこで今回は『正しいトリートメントのやり方』をご紹介したいと思います。

トリートメントって?

みなさんはシャンプーをした後にどのようなケアをしていますか?

多くの方はリンスやコンディショナー、トリートメントを使用していると思います。

では、リンス、コンディショナー、トリートメントはどう違うのかはご存知でしょうか?

実はトリートメント。

これにはリンスやコンディショナーにはない特徴を持っているんです。

リンスとは

リンスは髪の毛の表面を保護膜で覆い、水分の蒸発や髪の毛の摩擦から髪を守ってくれる役割をしてくれます。

コンディショナーとは

コンディショナーはリンスより強い効果で、髪の毛を保護してくれる働きをし、髪の毛にしなやかさを与えてくれます。

トリートメントとは

リンスやコンディショナーと同じ役割をしてくれるのはもちろん、髪の毛を内側から補修し、保護してくれる働きをしてくれます。

トリートメントは唯一、髪の毛の内部からもケアをしてくれるヘアケア剤なんです。

リンスやコンディショナーでのケアでも十分なのですが、髪の毛の外側だけでなく、内側からもケアをしてくれるトリートメントでケアすることをおすすめします。

より効果を高めるトリートメントのやり方

シャンプー後のトリートメントのやり方をご解説していきます。

シャンプー剤が髪に残っていると、トリートメントの成分が髪の内部に浸透しにくいので、シャンプーはしっかりと流してください。

シャンプー後、髪に残った水気をしっかりと切ります。

水気が多いと、トリートメント剤が流れてしまったり効果が薄まったりしてしまいます。

水気を切る時は手のひらを使って水を切ってください。

タオルドライまでしてしまうと水分が少なくなりすぎて、トリートメント剤が髪になじみにくなってしまいます。

水気が切れると、適量のトリートメント剤を手のひらにとって手のひら全体に伸ばしてから、髪の中間から毛先にかけてしっかりと伸ばしていきます。

※トリートメント剤には髪をキレイに保つためのコーティング剤が入っているので、頭皮にまで付けてしまうと毛穴が詰まって血行が悪くなってしまいます。

よりしっかり髪になじませるために櫛(くし)を使用するといいです。

櫛を使うことによって、髪の毛1本1本にトリートメント剤が行き届いてくれます。

髪全体に広がったら、トリートメント剤を浸透させます。

トリートメント剤を浸透させる時間は製品によって違うので、パッケージの裏面などを見てご確認してください。

次にトリートメント剤を流していきます。

すすぎすぎてしまうと効果が薄れてしまうので、髪に少しだけしっとり感が残るくらいに洗い流しましょう。

後はタオルドライをしてドライヤーでブローをすれば終了です。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

意外と知らないでトリートメントを頭皮まで付けてしまったりしていませんでしたか?

トリートメントはやり方により効果がアップするのでぜひみなさんもこのやり方を試してみて下さい。