シャンプーのやり方間違ってない?ツヤサラな美髪になれる正しいシャンプーのやり方。

f:id:crgcrm:20180519111154j:plain

あなたのシャンプーのやり方間違っていませんか?

普段、何気なく行っているシャンプーのやり方で髪の毛に大きなダメージを与えているかもしれません。

今回はみなさんが普段使っているシャンプーでもツヤサラな美髪になれるシャンプーのやり方をご紹介したいと思います。

シャンプーが泡立たない!!

シャンプーをする際「泡立たない」何てことはありませんか?

泡立たないといってシャンプー剤を何プッシュも使ったり、何度もシャンプーをしていませんか?

それでは髪は摩擦によってダメージを受けてしまいます。

シャンプーは泡を立てて髪を洗うことにより、ダメージを軽減することができます。

ではシャンプーを行う際に必要なことは何なのか。

ご解説していきたいと思います。

シャンプー前の予洗いは大切

普段シャンプー前の予洗いは十分にしていますか?

美容室でシャンプーをしてもらう時の予洗いって長くないですか?

予洗いだけでも最低でも1分以上はありますよね。

シャンプーが泡立たない原因は頭皮の汚れです。

実は予洗いだけで頭皮や髪の汚れの70%は落ちているんです。

予洗いが不十分であると、髪の毛の内部に水分が入らず泡立ちにくいうえに、頭皮の皮脂や汚れが落ちずシャンプーが泡立たない原因となってしまいます。

予洗いは最低でも1分以上。

十分にすることが大切です。

シャンプー剤の使い過ぎ

泡立たないからと言ってシャンプー剤を何プッシュもしていませんか?

シャンプー剤は多すぎると逆に泡立ちにくくなってしまいます。

そもそもシャンプー剤が泡立つ条件は。

  • シャンプー剤
  • 空気

なんです。

この3つが混ざり合うことでシャンプー剤は泡立つことができるんです。

肩ほどの長さの髪の毛であれば、シャンプー剤は1プッシュで十分に泡立つんです。

シャンプー剤の量が多すぎると泡立ちにくい他、すすぎが十分に行えなくなります。

そうなると頭皮にシャンプー剤が残ってしまい、ヘアトラブルを引き起こしやすくなるのです。

こう言ったことからシャンプー剤は適量を使うことが大切です。

では、シャンプー剤の適量とは…

プッシュ式のシャンプーボトルでいうと、ショートヘアなら1プッシュ。

ミディアムヘアなら2プッシュ。

ロングヘアなら3プッシュが適量だと言われています。

普段使っているシャンプー剤の量を見直してみて、自分の髪の毛に合った量を使うように心がけてみて下さい。

正しいシャンプーのやり方

以上のことを前提としてシャンプーのやり方を説明したいとおもいます。

まずは予洗いを十分にしましょう。

次に濡れた手にシャンプー剤を適量出します。

ここでいきなり頭皮に付けずに、まずは手のひらで泡をたててあげます。

※手のひらを合わせてゴシゴシ~とすればOKです。

そしてクシュクシュと髪にシャンプーを付けて、髪でシャンプーを泡立てて洗っていきます。

十分に泡立ってきたら、頭皮をマッサージするように揉みながら下から上に向かって洗っていきます。

シャンプーはすすぎが肝心

洗う時と同じで、すすぐ時も下から上にリフトアップすることが大切です。

f:id:crgcrm:20180515164436j:plain

すすぐとき、頭のてっぺんからシャワーにかかるのではなく、おでこあたりからかき上げるようにすすいで下さい。

予洗いの倍の時間はすすいで下さい。

シャンプー剤が残っていると毛穴が詰まり、抜け毛や髪の傷む原因になってしまいます。

また、頭皮のトラブルにもつながるのですすぎは十分に行いましょう。

まとめ

以上がシャンプーの正しいやり方です。

いかがでしたでしょうか?

少しやり方を変えるだけで、あなたの髪はもっともっとキレイになることができるのです。

このやり方を試してもらえば、ブロー後の髪がいつもと違うことが実感できますよ♪

ヘアー

Posted by BeautyLuv