意外と知らない、日焼け止めのSPFの意味とは何だろう?

f:id:crgcrm:20180521103317j:plain

これからの季節、紫外線対策は欠かせないですよね。

紫外線対策として多くの方は日焼け止めクリームを使っていると思います。

みなさんは日焼け止めクリームを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?

SPF値の高いものを選んでいる方は多いのではないでしょうか?

では、このSPFの意味。

これが何を示しているかはご存知でしょうか?

何となく値の高いものを使ってはいませんか?

SPFの意味を知って日焼け止めクリームをより効果的に使っていただくために、今回は日焼け止めクリームのSPFの意味とは何なのかを解説していきたいと思います。

SPFって?

SPFとは「サン・プロテクション・ファクター」の略です。

SPFはシミやそばかす、皮膚ガンの原因となるUV‐B(紫外線B波)をカットする力の大きさを示しています。

つまり、UV‐Bを浴びることで日焼けを起こす時間を何倍に延ばせるかの目安になります。

SPFの値の読み解き方

日焼け止めクリームなどを選ぶとき、SPFの横に数字が記載されていますがこの数字の意味とは…。

SPF1=約20分。

この20分とは、日焼け止めクリームを塗ってから日焼けが始まるまでの時間になります。

つまり、SPF1は日焼け止めクリームを塗ってから、何も塗っていない素肌の状態より日焼けを20分遅らせるという事を表しています。

SPFの選び方

SPFは日差しの強さに対抗できる値ではなく、日焼けを起こす時間を何倍に延ばすか。

ではSPFはどのように選べばいいのかというと。

SPF1=20分なので…

SPF20の場合は、20分×20=400分。

400分=6時間40分。

6時間40分日焼けを防ぐということです。

短い時間のお買い物程度なら、SPF値の低いものでかまいませんが、海や山などの長時間のお出かけであればSPF値の高いものを選ぶのが無難ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

意外と知らないSPFの意味。

これを知っていただいて、みなさんが今年の夏の紫外線予防をもっと効果的にできれば幸いです。

SPFは値が高い物になるにつれ、肌への負担も重くなってきます。

SPF20など値の低いものを使いたい方は、こまめな塗り治しをしっかりと行ってくださいね。

意外と知らない、日焼け止めのPAの意味とは何だろう? – Beauty Luv