2リットルは間違っているかも!1日の水の摂取量は年齢と体重によって違う。

f:id:crgcrm:20180522150500j:plain

水は美容にいいのはみなさんご存知ですよね。

1日に飲むべき水は「2リットル」だと思っていませんか?

それは間違いかもしれません。

正しい水の量と飲み方

美容と健康のために毎日水を飲んでいる方は多いと思います。

ですが、この2リットルとはすべての方が摂取すべき量とは限らないのです。

1日に摂取すべき水の量は、年齢と体重によって変わってきます。

そして水は、飲み方によって美容への効果をアップしてくれるのです。

1日に必要な水分量の計算のやり方

f:id:crgcrm:20180522152223j:plain

水は過剰に摂取をすることで「水中毒」を起こす可能性があります。

水中毒とは水を過剰に摂取することで、血液中のナトリウム濃度が低下し、めまいや頭痛、消化不良を起こし、ひどい時は死に至ることもあります。

水は少なすぎても多すぎてもいけないので、自分が摂取すべき水分量を知っておきましょう。

計算のやり方は…

  • 30歳未満(体重)×40㎖
  • 30歳以上55歳以下(体重)×35㎖
  • 56歳以上(体重)×30㎖

これが1日に摂取すべき水分量になります。

例えば、体重50㎏で年齢が30歳の場合は。

  • 50㎏×40㎖=2.000㎖

なので1日の摂取すべき水分量は2リットルとなるわけです。

年齢と体重によって水分量はだいぶ変わってきますね。

水は常温のものを飲みましょう

常温の水は体内での代謝をアップさせる働きがあるので、美肌への効果が期待できます。

また補給する水の温度は人によって胃に刺激を与え、胃痙攣を起こすこともあります。

水を飲むときは季節に関係なく、常温で飲むことが理想的です。

水は一気に飲まず、少しずつゆっくりと飲む

水を飲むときは一気に飲まず、一口ずつ数回に分けて飲むことで体に吸収されやすいので小分けで飲みましょう。

コップ1杯の水を数回に分けて飲むといいでしょう。

朝・昼・夜に分けて飲みましょう

一度に大量の水を飲むと身体に負担がかかってしまいます。

朝・昼・夜の3回に分けて無理なく補給するようにしましょう。

まとめ

自分が飲むべき水の量はわかりましたか?

最近はウォーターサーバーなどで水を摂取している方が増えてきていると思います。

その場合はコップ一杯、200㏄程度と考えて飲むといいですよ。

水は無理なく飲んで下さいね♪