ムダ毛を即時になくせるブラジリアンワックスのデメリット

f:id:crgcrm:20180524111804j:plain

ブラジリアンワックスとは「アンダーヘアを含めた脱毛」で、温めたワックスを薄く塗ってシートを貼り、一気に抜きとって脱毛するワックス脱毛の一種です。

今回は、ブラジリアンワックスのデメリットをご紹介したいと思います。

ブラジリアンワックスのデメリット

ブラジリアンワックスは、短時間でツルツルに脱毛できたり、レーザーや光脱毛ではできない粘膜付近の脱毛ができるなどたくさんのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

毛を伸ばす必要がある

ブラジリアンワックスを行うには毛は1cm以上ないと行えません。

カミソリなどで処理をしている方は、毛が1cm以上になるまで伸ばす必要があります。

1cmに満たない毛は抜ききれないので、ピンセットで1本ずつ抜くので、ワックスで抜き取るときよりも痛みが強くなります。

永久脱毛ではない

ブラジリアンワックスは、毛根から毛を抜き取る処理で、毛根を死滅させる処理ではありません。

なのでしばらくすると毛は生えてきます。

繰り返し行うことで毛は薄くはなりますが、生えてこないようになることはありません。

痛みを伴う

毛をベリッっと引き抜くわけですからもちろん痛みはあります。

ですが、我慢できないほどの痛みではありません。

繰り返し行うと毛が細くなる傾向があるので、痛みは初めに比べれば軽減されます。

アフターケアが必要

アフターケアをしっかりと行わないと、埋没毛ができる可能性があります。

脱毛時に毛穴から、ごく少量の出血をすることがあるのですが、これを放置すると血が固まってかさぶたになり毛穴を塞いでしまい、埋没毛となってしまいます。

また、炎症がもとで毛穴をふさいでしまうこともあります。

ANGELICA WAX

まとめ

f:id:crgcrm:20180524125156j:plain

いかがでしたでしょうか?

ブラジリアンワックスはデメリットも知ったうえで、自分にあっているかどうかを判断して行ってくださいね。

ムダ毛を即時になくせるブラジリアンワックスのメリット – Beauty Luv

脱毛

Posted by BeautyLuv