日焼け後の美白ケアは肌トラブルの元!日焼け後の正しいスキンケアの方法。

f:id:crgcrm:20180614135831j:plain

UVケアは日ごろから気を付けていても、そこら中に降り注いでいる紫外線を100%カットすることはできません。

気が付いたときには日焼けをして赤くなってしまっていることもありますよね?

そんなとき、みなさんは慌てて美白美容液や美白パックなどを使用していませんか?

実はそのケアが肌に強いダメージを与えている可能性があるんんです。

日焼け後に『やってはいけない美白ケア』

f:id:crgcrm:20180614200421g:plain

よく言われるように、日焼けをして赤くなり、皮がむけているような肌は「やけど」をしたのと同じ状態。

皮膚の細胞が傷つき、水分を保つ機能も正常ではなくなっています。

このような弱った肌に、このようなスキンケア用品を使うのは避けたほうがいいのです。

日焼けで赤くなった肌は、角層の水分が奪われて角層がはがれやすくなり、外部からの刺激が肌の奥まで届きやすくなっています。

これはバリア機能の弱い敏感肌と同じ状態なので、ヒリヒリしたりかゆみが出るなどといったトラブルにつながる恐れがあります。

特に美白コスメや美白目的のシートマスクなどに入っっているビタミンCをはじめとした美容成分は、弱った肌には刺激が強すぎるのです。

赤く日焼けをしてしまったら、何よりもまずは冷やして炎症を抑えることが大切です。

日焼け後の正しいスキンケア方法

f:id:crgcrm:20180614200432j:plain

赤く日焼けをしてしまったら、何よりもまず冷やして炎症を抑える事が大切です。

まずは化粧品ではなく、冷たい水で絞ったタオルや氷水に浸したコットンを肌にあててクールダウンします。

パッティングは肌を傷つけることもあるので、やさしく水分を肌になじませるように行いましょう。

化粧品を使うのは、翌日以降。

ほてりと赤みが落ち着いてから使用しましょう。

2~3日はクレンジング剤から保湿アイテムまで敏感肌用に変えて、抗炎症作用のあるアロエベラエキス入りの保湿ジェルなどで肌の様子を見つつ、普段のお手入れに戻していきましょう。

肌が落ち着いてきたらシミ予防のため、メラニン生成抑制効果のあるAPPS(アプレシエ)やビタミンC誘導体配合のコスメを取り入れてみてください。

まとめ

日焼けをして赤くなってしまった肌に、慌てて化粧水や美白効果のある化粧品などを使っている方は多かったのではないでしょうか?

間違ったケアをすることで、肌トラブルは起こってしまいます。

上記を参考にしてもらって、日焼け後は正しいスキンケアを行ってくださいね♪