スプレータイプの化粧水を使っていませんか?その化粧水、肌の潤いを奪って乾燥の原因になっていますよ!

f:id:crgcrm:20180619114144j:plain

最近いろいろなタイプの化粧水が出ていますね。

その中でも今回はスプレータイプの化粧水について書きたいと思います。

スプレータイプの化粧水も種類は様々ですが、メイクの上からでも使えるものがあって、これを持ち歩いて乾燥対策をしている方は多いと思います。

ですが冷暖房のきいた部屋などで肌の乾燥対策にスプレータイプの化粧水をこまめに使っているのに、一向に乾燥が治まらない…なんてことはありませんか?

乾燥予防のスプレー化粧水が、肌の乾燥の原因に!

f:id:crgcrm:20180619122640p:plain

スプレータイプの化粧水をこまめに使っているのに、一向に乾燥が治まらない。

という方は一度、使っている化粧水の容器をチェックしてみて下さい。

それが「エアゾール缶入りのスプレー化粧水」だったら、肌の保湿効果はほとんど期待できません

というのは、このタイプの缶は噴出口の穴がとても小さくできているので、水を霧状に細かく出すことができますが、そのぶん保湿成分など粒子の大きい成分を外に出すことはできないのです。

そのため、潤いをキープできる保湿成分はほとんど入っていません。

保湿効果に高い化粧水には独自のとろみがありますよね?

あのような液体を霧状にスプレーできないことを思い浮かべていただくと、わかりやすいと思います。

つまり、エアゾール缶タイプの化粧水の中身はほぼ「水」だということです。

中身がほぼ水の化粧水を吹きかけたままにしていると、肌表面の水分はどんどん蒸発していき、水分が蒸発する際に肌の水分まで一緒に持ち出してしまいます。

化粧水を拭きかけた直後は、肌は一時的にとても潤ったような感じがしますが、実は肌についた瞬間から水分の蒸発は始まっています。

さらに肌表面の水分が蒸発するときに、気化熱の働きで肌の内側の水分まで持ち出されてしまうのです。

乾燥しないためにはどうすればいいの?

f:id:crgcrm:20180619122845j:plain

普段のスキンケアでスプレー化粧水を使う場合は、使用後に乳液やクリームで水分が蒸発しないようにフタをすればよいのですが、外出先で吹きかけるだけでは潤いをもたらすどころか、肌の乾燥を招く原因になってしまうので注意が必要です。

プラスチック容器に入っているミストタイプの化粧水であれば、缶よりも噴出口の穴が大きいので保湿成分が入っているものが多くあります。

外出時には、こちらのタイプをおすすめします。

まとめ

「エアゾール缶入りのスプレー化粧水」は、肌の保湿効果はほとんど期待できません。

中身はほぼ「水」だからです…。

エアゾール缶入りのスプレー化粧水を使った後は、必ず乳液やクリームを使ってくださいね。

乾燥対策をしているつもりが、逆に乾燥の原因になっている場合があります。

スプレータイプの化粧水を使っている方は、容器をチェックしてくださいね。