「たっぷりのモコモコ泡で念入りに洗顔」が肌への負担になっています。美肌を作る洗顔方法♪

f:id:crgcrm:20180622223724j:plain

皆さんは普段どのように洗顔をしていますか?

たっぷりのモコモコ泡で洗顔。

念入りにしっかりと洗顔。

この洗顔のやり方がすっかりと定着しました。

泡立ちのよさで洗顔料を選んでいる方も多いと思いますが、実はたっぷりのモコモコ泡で念入りに洗顔することが、肌への負担になっているケースも少なくはありません。

モコモコ泡での洗顔が肌の乾燥の原因に

f:id:crgcrm:20180619110648j:plain

楽に泡立てられる洗顔料には泡を作りやすくするために、より多くの洗浄成分や洗浄力の強い成分が配合されています。

乾燥肌の方が、こういった皮脂を落とす力の強い処方の洗顔料で大量の泡を作り、毎日使い続けるとどうなるでしょう。

もともと少ない肌のうるおい成分がはぎとられ、かさつきがどんどん進行し、肌の調子が悪くなってしまいます。

オイリー肌の方の場合も注意が必要です。

「泡立ちのいい洗顔料で、しかっりと洗おう!」と意気込んでも、それが油分の含まれたしっとりタイプの洗顔料であれば、ニキビなどの肌トラブルを悪化させてしまう恐れがあります。

「たっぷりの泡で洗う」という耳当たりのいい言葉に惑わされず、洗顔の際には洗顔料の「質」を見極めて自分に合ったものを使うことが大切です。

自分の肌に合った洗顔料の選び方

f:id:crgcrm:20180619110700p:plain

洗顔料には、洗顔フォームと洗顔石けん(固形石けん)がありますが、ここではより洗浄力の高い洗顔石けんについてご説明しましょう。

洗顔石けんには見た目が透明なものと不透明なものに分けられます。

透明な石けんには保湿成分がたっぷり含まれ、水分配合量も28%以下と高めです。

大量生産に向かない「枠練り」という製法で作られることが多いため、価格は少し高めですが、肌の乾燥を防ぎたいならこちらがいいでしょう。

一方、大量生産されている安価な不透明タイプは、機械練りで作られていることが多い石けんです。

洗浄成分が多く水分配合率も16%以下と低いので、ニキビ予防やオイリー肌のお手入れ向きと言えます。

肌質に合った適度な量の泡で洗顔すれば、肌トラブルはぐんと少なくなります。

念入りに洗顔をすると…

f:id:crgcrm:20180622130020j:plain

皮脂や毛穴汚れが気になって、手のひらでゴシゴシこすたっり、泡を長時間肌にのせ泡パックをしたり…といった間違った洗顔を行うと、角層で肌の水分を保つ役目をするNMF(天然保湿因子)や必要量の皮脂までも洗い流してしまいます。

こうしてスカスカになった角層は、化粧水や乳液で保湿しても元通りになるまでに時間がかかり、その間は紫外線やアレルギーの元になるアレルゲンの影響も受けやすい状態になるのです…。

良かれと思って行う「念入り洗顔」が肌にダメージを与えることは少なくないのです。

そこでおすすめしたいのが「Tゾーン集中洗顔」です♪

Tゾーン集中洗顔のやり方

f:id:crgcrm:20180622130317j:plain

泡立てた洗顔料を皮脂の多いTゾーンにのせたら、夜は顔全体にその泡を伸ばしてすすぎます。

朝はすすぎながらすすぎながら泡を全体に行きわたらせるだけ(‘ω’)ノ

擦り洗いをしないので、肌への負担が最小限で済みます♪

Tゾーン集中洗顔のポイントは、泡づくりです!!

肌にやさしいふんわり泡の作り方

f:id:crgcrm:20180619130031j:plain

  1. まずは両手を水で軽く濡らします。
  2. 適正量の洗顔料を利き手と反対の手に取り、(石けんの場合は、5~6回ほど手の中で転がす)水を少量ずつ加え、手に取った洗顔料と水をなじませます。
  3. 洗顔料の入っている手をくぼませ器のようにし、泡だて器でメレンゲを泡立てるように、すくいあげるようにしながら空気を巻き込みつつ泡立てましょう。
    泡立ちが悪ければ途中で少量の水を加えます。

※片手全体にふんわり乗る程度の泡ができれば上出来です。
スプーン1杯程度の泡でも十分洗浄効果があるので、量は気にしないでください。

こうしてできた空気をたっぷり含んだキメの細かい泡を使うことで、界面活性剤の肌への負担が最小限に抑えられ、肌への負担を減らすことができるのです。

まとめ

いつからか定着した、たっぷりの泡で念入りに洗顔をすることが、肌にダメージを与えていたのですね。

美肌を作るには「自分の肌に合った洗顔料で、泡の量より泡の質にこだわり」、念入りに洗うのではなくメリハリの利いた「Tゾーン集中洗顔」で洗顔をしましょう。

そうすれば、あなたの肌はもっとキレイになることができますよ♪