便利なオールインワン化粧品が乾燥やシワの原因に!オールインワン化粧品を使うときの注意するべきこと。

f:id:crgcrm:20180623233829j:plain

オールインワン化粧品ってご存知ですか?

洗顔後にいくつもつけていた化粧品がたった一つで済む化粧品で、化粧水・美容液・乳液・クリームといったスキンケアだけでなく、日焼け止めや化粧下地といったベースメイクの役割をしてくれるものも多く種類も豊富な便利アイテム♪

このオールインワン化粧品はスキンケアがとても楽なことから、使っている方は多いのではないでしょうか?

でも少し考えてみてくだい。

人はそれぞれ肌質や肌の悩みが違うのに対し、本当にたった一つのアイテムで対応することができるのでしょうか?

便利なオールインワン化粧品のワナに注意!!

f:id:crgcrm:20180623233840j:plain

基礎化粧品にはそれぞれ個別の役割があります。

化粧水の働きは角層に水分を与え、肌に潤いをもたらすこと。

また、美容液などをつける場合は、化粧水で肌を保湿しておくことで美容成分の浸透がよくなります。

一方、乳液やクリームなどの油分の多いものには、角質に与えられた水分を逃さないように油膜をつくる効果があります。

同じ保湿目的の化粧品であっても役目にこれだけの差があり、さらに肌質別に配合する成分の処方が変えられているのです。

オールインワン化粧品は保湿能力が低い

オールインワン化粧品の中でも透明なオールインワンゲルは、主に水溶性成分でつくられていて油分が少なめです。

白っぽく乳化されているオールインワンゲルには微量の油分が配合せれていますが、その配合率は乳液の約10~50%、エモリエントクリームの約20~50%と比較するとかなり少なめです。

どちらも水分を逃さないための油膜効果は低いアイテムです。

そのためオールインワン化粧品だけのお手入れでは、肌の水分のキープ力が弱く、乾燥小ジワができてしまうこともあります。

オールインワン化粧品を使うときに注意するべきこと

f:id:crgcrm:20180623235919j:plain

矛盾しているようですが肌の乾燥を防ぐためには、オールインワン化粧品をつかった後で、油膜効果のある乳液やクリームをプラスして使うことをおすすめします。

ただ忙しい日や、疲れてしまってスキンケアができない日は誰にでもありますよね。

オールインワン化粧品はそういった時間がない日の「飛び道具」として使いましょう。

その場合もできれば最後に乳液やクリームをつけるように心がけてくださいね。

まとめ

 化粧水からクリームまで一つになった便利なオールインワン化粧品は、水分を逃さないための油膜効果が低く乾燥やシワの原因になっていたのです(>_<)

オールインワン化粧品を使った後は、必ず乳液やクリームを使って肌を保湿してあげてくださいね(*^▽^*)