顔の日焼けが気になる!ファンデーションを使いこなして紫外線対策をしよう♪

f:id:crgcrm:20180521114755j:plain

高SPF値の日焼け止めさえ使っていれば、ファンデーションはどんなタイプのものでも大丈夫!

そう思っている方は少なくないのではないでしょか?

確かに肌に対して、適量の日焼け止めを正しく塗ることで紫外線を防ぐことはできるかもしれませんが、春先や夏場など日差しが強い時はそれだけでは不十分です。

日焼け止めは汗や皮脂で流れたり、擦れなどで落ちやすいものだからです…。

効果を保つには2~3時間ごとの塗り直しが必要ですが、メイクをしている顔の場合はなかなか重ね塗りがしにくいものですよね…。

紫外線をはね返す散乱剤を配合した持ちがいい日焼け止めを塗っても、それだけでは完全な紫外線対策はできません。

では、メイクをしている時の紫外線対策はどのようにするのが効果的なのでしょうか。

ファンデーションを使いこなして紫外線対策をしよう!!

f:id:crgcrm:20180625115601j:plain

ここで活躍するのが、紫外線カット剤が入っているベースメイクアイテム♪

SPF値が50同士のアイテムを2つ重ねれば、SPF100になる!

なんて単純な話ではありませんが、日焼け止めとUVケア効果のあるファンデーションを重ねたり、紫外線対策のできるBBクリームを使った上にフェイスパウダーをのせたりすれば、UV効果は確実に高まります!

f:id:crgcrm:20180625115417j:plain

ベースメイクアイテムの中で一番UVカット効果に優れているのは、何といっても粉状のファンデーションやフェイスパウダー♪

パウダーには粉状の紫外線散乱剤が配合されているものがほとんどなので、光をしっかりはね返すことができます。

一方、液体のリキッドファンデーションやクリームファンデーションは、紫外線を吸収する液体の吸収剤が配合されていることが多く、紫外線カット剤を肌に均一につけられるというメリットがあります。

アウトドアなど長時間外で過ごすときは、日焼け止めの上に両方のタイプを重ねてつければ強い紫外線も怖くありません。

ですが、一度塗ったら大丈夫!!というわけではありません。

UVカット効果を持続させるために一度塗ったら塗りっぱなしではなく、こまめにメイク直しをすることが肝心です♪

まとめ

日焼け止めはメイクをしていたら塗り治すことができず、うっかり日焼けをしてしまう事がありますよね(>_<)

ですが、ファンデーションを使いこなせば紫外線対策をすることができるのですね♪

ファンデーションやフェイスパウダーなら塗りなおしも簡単!!

メイクのお直をするだけでなく、紫外線対策もしっかりとしてくれるので、紫外線対策アイテムとしてとても便利です。

これからの季節の紫外線対策として、参考にしてくださいね(*^▽^*)