日焼け止めは塗り方次第で効果が3分の2以下に!日焼け止めの正しい塗り方♪

f:id:crgcrm:20180625130448j:plain

UVケアはシミのない白肌を守るための常識ともいえる習慣ですが、あなたは本当に「正しい知識を持っている」と言えますか?

次のUVケアの習慣の中で正しいと思うものにチェックをしてみて下さい。

☐日焼け止めを手のひらに取り、伸ばしてから塗り広げている。

☐SPF値の高い日焼け止めなら、一度塗れば十分だと思う。

☐のびがいい日焼け止めを少量つけて薄くのばし、白浮きしないようにしている。

いくつチェックが付きましたか?

実はこれら3つの習慣はどれも間違いなのです…。

日焼け止めは塗り方によって効果が3分の2以下に…

f:id:crgcrm:20180625130508j:plain

日焼け止めに表示されたSPF値・PA値は肌1㎠あたり2㎎を使用した場合のものです。

顔で考えると、ローションタイプで1円玉2枚分。

クリームタイプでパール粒2つ分になりますが、日焼け止めを使っている方が平均して塗布している量を調べたところ、ローションがその7割、クリームに至ってはわずか3割程度しか塗られていなかったのです。

日焼け止めを適量の半分だけ塗ったときのSPF値は、本来得られるはずの数値の約3分の2しかないと言われています。

つまり、多くの方が実践している日焼け止めの塗り方では、表示の数値通りのUV効果が得られていない可能性があるのです。

日焼け止めの効果を最大限に高める塗り方

f:id:crgcrm:20180625130516j:plain

日焼け止めはその効果を最大限に高める塗り方が、環境省により提案されています。

まず顔は2度塗りが基本です!

1円玉大を手のひらにとり、額・鼻・両頬・あごの5カ所に分けて置き、指を使って塗り広げます。

同じ量をもう1度取って繰り返せば、必要な量をムラなく塗ることが可能です!

メイクのヨレが気になる方は頬だけでも2度塗りをしましょう♪

腕や足に塗る場合は、日焼け止めを容器から直接塗りたい部分に出して、指全体でらせんを描くように塗り広げると塗りムラや塗り忘れが防げます。

また日焼け止めは汗や皮脂、擦れなどで取れやすいので2~3時間おきに塗り治すのを忘れないでくださいね♪

まとめ

 いかがでしたか?

今までの日焼け止めの使い方。

間違ってはいませんでしたか?

日焼け止めを使うポイントは、手のひらでなく指を使って塗る。

顔は2度塗り、体は容器から直接塗りたい部分に出して塗りましょう♪

そうすれば日焼け止めの効果最大限に高めることができますよ(*^▽^*)