【アンチエイジング】シワやたるみの原因は紫外線!!肌老化を防ぐには、美容液より「日々のUVケア」です。

f:id:crgcrm:20180626111426j:plain

年齢によるシワやたるみ。

気になりませんか?

「シワやたるみの原因はUVケア不足にあります。」と言ったらほとんどの方が驚かれると思いますが、これは本当の話です。

米国皮膚科学会の研究により、肌の加齢によるものが20%。

残り80%は紫外線による光老化が原因だったということがわかっています。

年齢によるシワやたるみの原因は紫外線です

f:id:crgcrm:20180626111438j:plain

紫外線にはA波とB波がありますが、シワやたるみの原因となるのはA波のほうです。

波長が短く表皮に強い刺激を与えるB波を対照的に、A波は長い波長で肌の内部にジワジワトダメージを与えます。

肌が赤くならないから…と油断をしていると、知らず知らずのうちに肌の奥深くにある真皮にまで紫外線が到達して弾力繊維を破壊し、シワやたるみを引き起こすこともあるのです。

光老化さえ防げれば肌の老化の8割近くは防げる可能性があるのですから、毎日のUVケアはしっかりと行いたいところですよね。

今日から少し外に出るときでも必ず日焼け止めをつけて、できれば日傘もさすように心がけましょう♪

効果が長く続く日焼け止めの選び方

f:id:crgcrm:20180626111455j:plain

日焼け止めは2~3時間ごとの塗り直しが必要ですが、体は塗り直しができますけどメイクをしている顔には塗り直しは難しいですよね…。

そこで重要になるのが紫外線カット剤の「効果維持力」です。

ジェルタイプの日焼け止めは吸収剤だけでつくられることが多く、乳液タイプの日焼け止めは、吸収剤に紫外線をはね返す効果がある、液状の散乱剤も配合されていることが多いのですが、効果が長く続くのは断然、散乱剤も入っているタイプです。

吸収剤より散乱剤のほうが、紫外線カット力や効果維持力が高いものが多いのです。

散乱剤が入っているかどうかは、成分表示に「酸化亜鉛」や「酸化チタン」が記載されているか、もしくは「中身が白いか」で判断できますよ!

将来のためにもコツコツ地道にUVケアを続けましょう♪

まとめ

年齢によるシワやたるみの原因の80%は紫外線による光老化。

紫外線はアンチエイジングの天敵とも言われています。

シワやたるみを作らないためにも、日頃のUVケアはとても大切なのです。

UVケアに使う日焼け止めで効果が長く続くのは、散乱剤を配合した「乳液タイプ」の日焼け止め♪

若々しい肌を守って行くためにも日頃のUVケアは怠らないようにしましょう♪