化粧水はコットン・手どっちでつければいいの?化粧水の効果が出やすいつけ方。

f:id:crgcrm:20180629120219j:plain

いつものスキンケアであなたは化粧水をどのようにつけていますか?

手でつける派?

それともコットン派?

化粧水のつけ方、どちらが正しく肌によいのかわからないまま、長年何となくお手入れをしてきた方は多いのではないでしょうか。

正しいつけ方を知るだけで、化粧水の効果はグッと高まります!

ではまずは手とコットン。

どちらのつけ方が正解なのか、そこから考えていきたいのですが…。

これが、どちらが正解と言えないのが本当のところなんです。

実はどちらのつけ方も正解にも不正解にもなりえます。

では、その理由をお話ししますね。

化粧水は手かコットン、どちらでつければいいの?

f:id:crgcrm:20180629120334j:plain

化粧品メーカーは、自社の商品がどのように使われるとより効果的かを想定して成分の処方を決めるので、選ぶ化粧水によって手でつけたほうがよいもの、コットンのほうが向いているものの両方があります。

ですからどちらも正解であり、不正解でもあるのです。

化粧水の効果をしっかりと出したければ、まずはメーカー推奨のつけ方を守るのが一番。

ですが、「コットン、または手のひらに適量を取り」と使用指示がある化粧水も多くありますよね?

その場合は、それぞれの方法のメリット・デメリットを知り、自分の選んだ化粧水のタイプによってつけ方を変えることが必要です。

コットンまたは手でつけるそれぞれのメリットとは?

f:id:crgcrm:20180629120237j:plain

手でつけることの最大のメリットは、化粧水が体温で高まり肌に浸透しやすくなること。

肌に直接触れることで日々の肌状態に気付きやすく、不調を早めにケアできるのもよいところです。

手のひらで顔を包み込むことが癒し効果にも繋がりますが、シャバシャバとした水のようなテクスチャーのものは手のひらからこぼれやすいので、ややとろみのあるタイプの化粧水をつけるときに向いています。

コットンは手よりもたくさん吸収してしまう分、一回量が多くなりますが水のような使用感の化粧水も無駄なく受け止め、顔全体にムラなくつけられるというメリットがあります。

ただ、コットンでのパッティングでは強くたたいてしまうことも少なくないので、肌に過剰な刺激を与えたくない場合は手でつけるほうがおすすめです。

まとめ

化粧水の効果をより引き出すためには、まずはメーカー推奨のつけ方を守るのが一番です。

ですが、コットン・手のひらに適量取ると両方の使用指示がある場合は、

  • シャバシャバしたものはコットンで。
  • とろみのあるものは手で。
  • 化粧水をより浸透させたければ手で。
  • 顔全体にムラなくつけたければコットンで。

と、化粧水のタイプや目的によってつけ方を変えましょう。

敏感肌さんや、肌荒れが気になる方は手でつけるのをおすすめします♪