肌トラブルが余計に目立つ!!やってはいけないコンシーラーの使い方。

普段のメイクでコンシーラーを使っていますか?

シミやクマ、ニキビ跡。

できればなかったことにしたい肌トラブルを手っ取り早く隠しているコンシーラー。

「カバー用ファンデーション」「部分用ファンデーション」とも呼ばれる心強いアイテムですが、使っているのに肌トラブルを上手に隠せないなんてことはありませんか?

肌トラブルが余計に目立つ、コンシーラーの使い方

f:id:crgcrm:20180702123103j:plain

ひとくちにコンシーラーといっても、チップで取ってつける固形の練りタイプ、口紅のような形のスティックタイプ、液状の筆ペンタイプやチューブタイプ、アイライナーのような鉛筆型のペンシルタイプなど、固さと形状に違いがあります。

一般的には、テクスチャーが硬くなればなるほど粉が多くなり、カバー力も高くなります。

形も色も豊富にあるコンシーラーを上手に使うために最も大切なのは、使用するコンシーラーのタイプがつける部位や目的に合っているいるものかどうか、見極めることです。

f:id:crgcrm:20180702123049j:plain

コンシーラというと1つのタイプですべての悩みに使えると思い込みがちですが、使い方によっては、隠したい肌の悩みをより際立たせてしまうこともあるので注意が必要です!

たとえば、目の下のクマがいつもより目立つからといって、目元にカバー力の高いスティックタイプのコンシーラーをつけたとしましょう…。

目元のように皮膚の動きの激しいところは、化粧ヨレができやすい部分。

固めのコンシーラーはヨレやすいので簡単に化粧ヨレを起こし、クマの線ををくっきりと浮かび上がらせてしまいます。

これでは余計にクマを目立たせることになってしまうのです。

コンシーラーを部位によって使い分けよう!

f:id:crgcrm:20180702123112j:plain

目元や口元など、動きがある部分には柔らかめでヨレにくい液状の筆ペンタイプ。

頬のように皮膚の動きの少ない部分には、硬めで粉が多い固形の練りタイプやスティックタイプがおすすめです♪

小さなシミやニキビ跡などをピンポイントで隠したいときには、硬度の高いペンシルタイプがうってつけです。

コンシーラーはテクスチャーやカバー力を加味し、つける部位に合わせて選び使っていきましょう♪

まとめ

コンシーラーは形やテクスチャーによってカバー力が異なります。

硬くカバー力の高いものを皮膚の動きの激しいところにつければ、化粧ヨレができやすくなってしまいます。

目元や口元の皮膚の動きがある部分にはテクスチャーが柔らかいものを。

頬のように皮膚の動きが少ない部分にはテクスチャーの硬いものを使いましょう♪

このようにコンシーラーは液状のタイプと固形タイプの使い分けが大切です(*^-^*)

コスメ

Posted by BeautyLuv