つるつる肌をつくるスクラブ、「余分な角質だけ」落とせていますか?

たまってしまった肌表面の角質を落として、すべすべの肌に戻してくれるボディスクラブ。

角質がたまり過ぎて肌が硬くなったり、ターンオーバーが遅れて荒れたりするときにはとても効果的なお手入れですよね。

また、光やレーザーによる脱毛の前にスクラブケアをしておくと、毛根に波長が届きやすくなり効果がしっかりでます。

このスクラブを使ったお手入れは面白いくらいに手触りがよくなるので、ついやり過ぎてしまいがちです。

しかし、肌を摩擦するわけですから、やり方によっては肌にダメージを与えることにもなるので注意が必要です。

ボディスクラブをつかうときに注意すること!

f:id:crgcrm:20180703115141j:plain

スクラブを使うときに一番気をつけたいのは頻度の問題。

角層は生まれ変わるのに最低28日はかかると言われています。

その周期を考えず臭に何度もスクラブを使えば、肌に必要な新しい角層までそぎ落してしまい、育ち切っていない未熟な角層が表面にでてくることになります。

すると、バリア機能が低下して肌が過敏になり、色素沈着や黒ずみなどトラブルが出やすくなってしまうのです…。

なのでスクラブは1~2週間に1度で十分と考えて下さい。

肘や膝、かかとなど、一般的に角質がたまりやすいと言われている場所であってもこれは同じです。

角質がたまりやすいからと、過度にお手入れをするのはやめましょう。

また、春や生理前から生理中などの肌が敏感な時期はスクラブの使用は避けたほうが無難です。

もちろん日焼け後の肌が炎症を起こしているときや脱毛後もNGです!

ボディスクラブは目的別に種類を選ぼう!

f:id:crgcrm:20180703115148j:plain

一言でスクラブといってもさまざまな種類があり、目的別に選ぶものが異なります。

  • こんにゃくスクラブ
    肌にやさしくマイルドなので肌に刺激をあまり与えたくない方におすすめ。
  • 植物の種を使ったスクラブ
    角層がたまった固めの部位もしっかりケアできます。
  • 砂糖を使ったスクラブ
    保湿効果がとても高いです。
  • 塩を使ったスクラブ
    ボディの引き締め効果があります。

スクラブは目的に合わせて選び、お肌をキレイに保ちましょう。

まとめ

スクラブは1~2週間に1度行いましょう。

手触りが良くなるからといって週に何度も行うと、肌に必要な新しい角層までもそぎ落してしまい、色素沈着や黒ずみの原因になってしまいます。

スクラブは肌の敏感な時期や炎症を起こしているとき、脱毛後を避けて目的に合ったスクラブを選んで使ってくださいね♪