まるでサロンのような仕上がりに!!ネイルボトルの扱い方♪

f:id:crgcrm:20180708020517j:plain

みなさんは普段ネイルはしていますか?

ネイルサロンでのケアがお手入れの定番となっている方の中には「ネイルを自分で塗ると、キレイに仕上がらないのが嫌だ。」「不器用でうまくネイルが塗れない。」という方も多いのではないでしょか?

ネイルがキレイに塗れないのは、「不器用だから」ではないかもしれません。

ネイルボトルの扱い方を少し変えるだけで、セルフネイルがサロン並みの美しい仕上がりに変わる可能性があります。

ネイルがキレイに塗れない原因

f:id:crgcrm:20180708020458j:plain

ネイルカラーは時間を置くと、着色剤の部分が容器の底に沈んでしまいます。

長時間ネイルボトルを放置していると、底にたまった着色剤が固まってしまう場合も…。

これは経験からご存知の方も多いと思います。

分離したネイルをそのまま使うと、均等の配色で爪に塗ることが困難になってしまうため、使用前にネイルボトルをしっかり振るという方がいますが、実はこれが「ネイルがキレイに塗れない原因」なのです。

ボトルを振ることで中の分離はなくなりますが、ネイルカラー液の中に小さな気泡ができてしまいます。

この気泡ができたままのネイルカラーを爪に塗れば、爪に塗った部分にも気泡ができてしまい、仕上がりがブツブツとした見栄えの良くないものになってしまうのです。

ネイルをキレイに塗る方法

f:id:crgcrm:20180708020507j:plain

ネイルをキレイに塗るためにはまず、ネイルボトルを手のひらでやさしく転がすようにしましょう。

こうすることで、気泡をつくらずに分離を解消できるだけでなく、手のぬくもりが容器を通してネイルカラーに伝わり、ネイルカラー液の伸びもよくなるのです。

結果、セルフネイルをムラなくキレイに仕上げることができます。

また省きがちなベースコートですが、これはできる限り塗るようにしてください。

ベースコートを塗ることで爪表面の凸凹がなくなり、仕上がりがなめらかになるだけではなく、ネイルカラーの着色剤による爪への色素沈着も防ぎ、爪自体の色をキレイな状態で保つことができるのです。

まとめ

セルフネイルを失敗しないコツは、ネイルカラーを塗る前のひと手間が大切です♪

ネイルボトルは手のひらでやさしく転がしてから塗りましょう。

また、省きがちなベースコートは必ず塗ってください!

そうすれば、セルフでもサロン並みの仕上がりになりますよ♪

ネイルがキレイに仕上がらないな…と思ったら、ぜひ試してみてくださいね♪

ネイル

Posted by BeautyLuv