念入りなクレンジングが肌荒れや乾燥の原因に!肌がキレイな人がしている『手抜きクレンジング』♪

寝る前の念入りなクレンジングは今や常識になっていますよね。

ですが、長時間クレンジング剤を肌の上にのせるような「しっかりクレンジング」が、肌の不調の原因になっているのを知っていましたか?

その理由はクレンジング剤に配合されている「界面活性剤」にあります!!

毎日の念入りなクレンジングが肌荒れや乾燥の原因に

f:id:crgcrm:20180807162816j:plain

界面活性剤というと、石鹸やボディソープなどに含まれていることが知られていますよね。

汚れを落とす他に泡立ちをよくしたり、本来は混ざらないはずの水と油を混ぜ合わせる「乳化」という働きがあります。

メイク汚れを落とすクレンジング剤にはタイプを問わず含まれていますが、洗浄力が高いので、使いすぎると肌に必要な角層の潤い成分も奪われてしまうことも(>_<)

つまり、良かれと思って励んでいる時間をかけたクレンジングが、角層のバリア機能や保湿機能を低下させる原因になり、肌荒れやかさつきを引き起こしていることもあるのです…。

このトラブルを防ぐには、肌を擦らず短時間でメイクオフする「手抜きクレンジング」に尽きますよ♪

「手抜きクレンジング」で美肌になろう♪

f:id:crgcrm:20180807162825j:plain

「手抜きクレンジング」のやり方は簡単です。

クレンジング剤を肌にのせたら、全体に手早くのばしましょう。

このときリンパの流れに沿ってのばすと、顔のむくみを取ることも出来ます♪

その後でサッと洗い流せばクレンジングは終了です(^O^)

「そんなやり方でいいの?」

と思う方もいそうですが、連日、界面活性剤の刺激を長く与えるより、少し手を抜くくらいが肌にはいいんですよ(*^▽^*)

ただ、濃いアイメイクなどをしていてクレンジングで落ちなかった場合は、美容オイルをコットンに垂らしてやさしく拭き取るなどして、メイク汚れが残らないようにしてくださいね。

また、オイルタイプのクレンジング剤を愛用している方であれば、使う頻度を見直した方がいい場合も…。

オイルクレンジングには、乳液、クリームタイプよりも多くの界面活性剤が配合されています。

皮脂を落とす力が強いので、しっかりメイクをした日や、小鼻やTゾーンの皮脂汚れのケアをする時に使うのがおすすめです♪

まとめ

肌のためにしっかりとメイクを落とすようにしていた「念入りクレンジング」が、肌荒れや乾燥の原因になっていたとはショックですよね(>_<)

ですが、これからは「手抜きクレンジング」で肌荒れも乾燥もない、美肌を手に入れることができます♪

ぜひ試してみて下さいね( *´艸`)