ノンシリコンシャンプーは頭皮の毛穴詰まりの原因に!?シャンプーは正しく選ぼう♪

ここ数年で「ノンシリコンシャンプー」の人気が急上昇していますよね。

みなさんも使っている方は多いのではないでしょうか?

このノンシリコンシャンプー。

「シリコン」と呼ばれていますが、正式名称は「シリコーン」。

シャンプーに使われているものは、それをオイル化した「シリコーンオイル」です。

シリコーンオイルって?どんな働きをするの?

f:id:crgcrm:20180911121806j:plain

シャンプー中のシリコーンオイルは髪表面の摩擦を小さくし、髪のコーティングをするために働きます。

市販のシャンプーは、ラウレス硫酸という洗浄成分を配合した「高級アルコール系」のものがほとんど。

このラウレス硫酸は汚れをしっかりと落としますが、洗浄力の高さから髪がきしんでしまうのが難点です。

それを補うためにシリコーンオイルは配合されています。

指通りよく洗えるうえに、傷んで開いたキューティクルをコーティングしてくれるので、ハリとコシのあるつややかな仕上がりが望めます。

シリコーンオイルには、「毛穴に詰る」「毛髪をコーティングして他の有効成分の浸透を妨げる」などという良くないイメージがありますが、実はこれは大きな誤解なんです。

シリコーンオイルは簡単に洗い流すことができ、毛穴に詰らず有効成分の浸透も防げないことが実験で証明されています。

ノンシリコンシャンプーは頭皮がベタつく

f:id:crgcrm:20180911121814j:plain

一方ノンシリコンシャンプーには、洗浄成分にココイルグルタミン酸TEAといったアミノ酸系や、「○○ベタイン」といったベタイン系の界面活性剤が使われていることが多くあります。

このような洗浄成分は洗浄力がマイルドでしっとりとした洗い上がりなので、頭皮の乾燥が気になる人には向きますが、皮脂分泌の多い方が使うと汚れを落としきれず頭皮の毛穴が詰まってしまうこともあるのです。

つまり「ノンシリコン」だからという単純な理由で、オイリー肌の方がノンシリコンシャンプーを使っていると、皮脂の多いベタっとした頭皮状態になってしまうこともあるのです。

「なんとなく、肌や健康に悪そう」といった思い込みに振り回されるのは損!!

成分の特性を知った上で、正しく商品を使うようにしてくださいね。

まとめ

シャンプーに含まれているシリコーンオイルは、頭皮にも髪にも悪いというイメージを持ってはいませんでしたか?

そのイメージから、シャンプーは絶対にノンシリコンのものを使う!という方も多いと思いますが、このノンシリコンシャンプーはすべての方に合っているとは言えないんです。

例えば同じシャンプーでも、良い悪いの口コミがたくさん書かれていますよね。

それは、人それぞれ頭皮の質(乾燥肌・オイリー肌)が違うからなんです。

シャンプーは目的に合わせて自分に合った、シリコンシャンプー・ノンシリコンシャンプーを使い分けて下さいね♪